本文へスキップ

設備facilities

Top > 設備 > 3Dプリンタ(本体)機種比較


機種紹介 (Product information)

 3Dプリンタの各機種についてご紹介します。




フラッシュフォージ クリエイタープロ (FLASHFORGE Creator Pro)

 FDM方式(熱溶解積層方式)で、デュアルヘッド(ノズルが2つ)で9万円以下で買える機種です。
 この機種は私たちの採用品のため、特設ページにて詳しくご紹介しております。

FLASHFORGE Creator Pro 特設ページ (サイト内リンク)




LCDフォトン (ANYCUBIC LCD Photon)

 光造形方式の3Dプリンターです。よくキャンペーンをやっているので6万円以下で買えます。

 2.8インチの液晶画面、USB入力、専用サポートソフト(ANYCUBIC Photon Slicer)付属です。
 造形サイズは115mm×65mmの物を高さ155mmまで造形できます。
 レジンという紫外線で固まる材料を使い、波長405nmの紫外線LEDを使って硬化します。
 層の厚さは25〜100マイクロメートル(0.025〜0.1mm)なので1mmの厚さの物を造形するのに最高40層も積み重ねることになります。平面(X-Y)の精度が47マイクロメートル(0.047mm)、高さ方向(Z軸)の精度は1.25マイクロメートル(0.00125mm)です。

 実機と造形物を見させて頂きましたが、とても良い仕上がりでした。フィギュアのようなものも、この機種であればかなり満足度の高い物が作れそうです。
 本体もコンパクトで置き場所に困らなそうですが、薬液の臭いがそれなりにキツイのでリビングなどに置くような物ではなさそうです。

LCD Photon 特設ページ (サイト内リンク)

ANYCUBIC (メーカーウェブサイト・英語)





フィラメント (Filament)

 熱溶解方式で使われる素材(フィラメント)を特集しています。

 恐らく材質か色で選ぶと思いましたので、その両方を特集しています。


3D Printer Mediator3D

5-10-13, Noma, Itami, Hyogo
www.3dprinter.ampita.net
3D printer mediator of the health care field.